「任意整理」とはデメリットが最も少ない債務整理

債務整理の一つである「任意整理」では、借金の利息・遅延損害金のカットや返済期間の延長(60回払い程度)によって、毎月の返済による負担を軽くすることができます。

「債務整理したいけど、保証人に迷惑をかけたくない」「家族にバレないように債務整理したい」「家や車などの財産を残したい」という人にとって、任意整理は最適の債務整理だといえます。

任意整理とはどんな債務整理?

任意整理とは、弁護士や司法書士が依頼を受けて会社側と話し合いを行い、これから支払う利息や遅延損害金を全額カットしてもらう、返済期間を60回払いなどの長期に設定し直す、といった条件で和解する形の債務整理です。

120万円の借金がある人の場合、約36万円の利息が付いて、返済総額が156万円程度となることが多いです。しかし、任意整理をすると約36万円の利息は0円にしてもらえます。元本の120万円のみを60回払い程度で返済することになったとすると、毎月の返済額は2万円まで抑えられます。

任意整理なら保証人に迷惑がかからない

債務整理には任意整理の他に、「個人再生」や「自己破産」といった手続きがありますが、保証人付きの借金がある人が個人再生や自己破産をすると、保証人に借金の残高が一括払いで請求され、多大な迷惑がかかることになります。

しかし、任意整理はあくまでもカード会社などと任意で行う交渉であるため、個々の借金について整理するかしないかを決めることができます。つまり、保証人付きの借金を整理の対象から外すことで、保証人に迷惑をかけずに他の借金を整理することが可能なのです。

任意整理は同居の家族にバレにくい

個人再生や自己破産では同居している家族の収入がわかる書類(給与明細など)を提出しなければならないためバレやすいですが、任意整理では同居の家族の収入がわかる書類は不要です。

財産がいくらあっても関係ない

自己破産の場合、家や車などの財産は処分されることになります。また、個人再生でも「持っている財産を売却処分した場合の価格」以上の金額を返済しなければならないというルールがあるため、家や車を残すのは難しいです。しかし、任意整理なら財産が処分されることはありませんし、財産と返済額に関係はありません。

まとめ

任意整理では、これから支払わなければならない利息や遅延損害金が0円になり、返済期間を60回払いなどに延長してもらうことで、毎月の返済額を抑えることができます。

個人再生や自己破産といった任意整理以外の債務整理では、「保証人に迷惑がかかる」「同居の家族にバレやすい」「家や車といった財産を処分しなければならない」といったデメリットがありますが、任意整理ではこれらのデメリットを負うことなく借金を整理できます。

埼玉の大宮駅から徒歩5分の債務整理に強い弁護士事務所